シングルマザーのアニメ

先日おおかみこどもの雨と雪を観た。

細田守監督の作品はサマーウォーズバケモノの子と観ていて、絵や世界観がとても好きだ。

このおおかみこどもの雨と雪だけ何となく見そびれていたところ、どこかでシングルマザーの話だと耳にし、観てみることにした。

以下ネタバレあります

主人公の花は、おおかみおとこと出会って恋をし、二人のおおかみこどもを出産する。

しかし、おおかみこどもは、それからすぐに死んでしまい、花はシングルマザーとなる。

映画では、花がその後、様な苦労をしながら二人のおおかみこどもを育てていく様子が描かれている。

おおかみこどもの雨と雪は可愛いし、花が健気に頑張っている様子がよく伝わる。

でも、私は正直あまり感情移入できなかった。

花の大変な様子は伝わってくるが、心の葛藤や苦しさは見えない。

いつも聖女のようにこどもたちに優しく、時に厳しく、前向きにその成長を支えている。

自分がシングルマザーになる前なら、感動していたかもしれないが、現実を知っている今、何だか違和感を覚えてしまった。

女一人で子供しかも、おおかみこどもを育てる世界が綺麗に清らかに描かれ過ぎていて、リアルに感じなかったのだ。

対照的なのが雪の同級生草平の母親。

やはりシングルマザーの設定らしく、過保護なくらいに息子を溺愛していたが、妊娠と再婚により、もう自分は母親にとって要らない存在だと草平に思わせてしまう。

草平の台詞のみで母親側の描写はない

この母親にも全く共感はできないが、まだ現実にいそうな人物だと思った。

まぁ、確かにおおかみおとこはカッコいいし、幸せの絶頂での死別だし、同じシングルマザーでも境遇はそれぞれなのだろうけど。

アニメでなくてもいいので、リアルなシングルマザーの映画が観てみたいと思った。

こうなったら、自分で小説書こうかな