オーディオネタ : 振動スピーカーの材料

昨日は横浜まで出かけ振動スピーカーのモーター探しに行ってきました。

いくつも種類が有りますが選んだのは Dayton Audio DAEX32EP-4

これを選んだ理由 → 特にありません。

要するに何を使ってよいのか分からないから適当に選んだ。

振動版含めやってみないと分からない手探りからのスタートです、だから面白い。

振動版はタミヤのスチレンボード(正確にはペーパー)B4サイズ2ミリ厚4枚入り

これは既に入手済み

試作に入る前にいろいろ考察しなければいけない事

・フレームはしっかり作る(試聴機は音圧を上げたせいか振動をかなり感じた)

・ユニット本体の固定方(結構難儀しそうな予感)

・振動版にユニットから出る振動を伝える部品と接点棒(方法次第で不要かもしれない)の選択

・一番の課題は振動版に振動を伝える接点の固定方

・振動版の材質や加工は鳴らしてみないと何とも言えない、この点に関しての情報は全くないし従来の常識が通用しない、かもしれない。

今朝からいくつなアイデアが浮かんできている、これからユニットを固定する止め具の選定。

ユニット本体が薄いので選定に難儀しそうです。

振動版もいろいろ試さないといけないので交換可能な仕組みを考える必要が有ります。

この点もアイデアの出しどころですね。(出てくるかなぁ〜)

写真1:B4サイズスチレンペーパーとDayton Audio DAEX32EP-4

写真2:接着面(強力な接着力が有るので一度張ったら剥がれないので注意と西川店長からアドバイス

写真3:ユニットの背面

追記

Dayton Audio HDN-8:木ねじ付きのものですが、ねじ部分含めて振動しますので一番使いやすいかもしれません。

形状が固定し難そうなので試験用には採用を見送りました(高いせいもあります)

Dayton Audio DAEX58FP:唯一四角い形です。四角い部分全体が振動しますので今回の目的には不適。