対人恐怖症の治し方

僕はかれこれ6年近く対人恐怖症、神経症とか

そういう物と戦ってきた。

このネガティに満ち溢れたヘンテコリンなブログを読んでくれれば、

そんな事は一目瞭然なんだけど、

だから、今本当にどん底にいる人達の気持ちとかが凄くわかる。

最近はそういうののフリをして、こうしたら

治りました!

っていう商売がたくさんあるから、

だけど

6年間で1つだけ確信があって、

何かをすれば、治るって事は、

ありえないってこと、

この商材、教材、この人に会えたら、カウンセリング、薬、ワーク、

全部そう。

そういうものじゃない。

そういうものじゃ治らない。

そもそも治すものじゃない。

治る前と

治った後、

があるわけじゃない。

そこを捉えて考えいたら、

一生を棒に振るだけで

終わってしまう。

対人恐怖症、その他心的疾患、

全て含めて、

唯一治せる方法があるとすれば、

このままでいたくない。

と覚悟を決めること、

たったそれだけ、

その覚悟の度合いが回復に起因すると

僕は思う。

こう書くと

たぶん本当に悩んでいる人からすると

なんにもわかってねーなーこいつぁー

あれこれがこうで、こうなんだから無理なんだよー

僕がそうだったし、

悲しいことに現在進行系でそうだから、

気持ちがわかってしまう。

でも、

ほんとにそれだけだって確信がある。

毎回そうなんだけど、

これは自分へのメッセージでもあるんだ。

こうでもして書いとかないと

明日には、

いやでもさ、とりあえずこうしてさ、

いやだってああなったらいやだし、

ってグチグチ言いだしちゃうから、

こうやって書いてる。

けっこう溜まってきて、僕はとても

嬉しい。

薬に逃げようとする自分も言い訳する自分、

過去の自分はもうとっくに見切ってるのに、

また迷ってるフリをするから、

こうして書いて読み直してる。

だからこのブログはなぜか読んでくれてる人がいてそれが記録で見られる仕組みなんだけど

もしかしたらそれ全部、

自分じゃないって?思う時がある笑

自分で書いて自分で読むっていうね。

けどたまに読んでる人がいる事が

確認できるから、

やっぱりどういうわけか、なにかしらで

目には止まるみたいだ。

きっといつか悩んでる人の目にとまると

信じてる。

誰でもいい

僕と同じ苦を背負った人が1人でも知ってくれれば、

カウンセラーさんはよく楽にするっていうけど、

それよりは気づいて欲しい、と思う、勘違いに

だから気づいて欲しいと思う。

話が変わっちゃたっけど、

とにかく人生全部そう。

人と話す事が怖いんです。

汗が止まらないんです。顔が赤くなります。

不安です。人の目が怖いんです。手が震えちゃいます。不安です。頭痛です。ドキドキして心臓が飛び出そうです。

全部自分の事なんだけど笑

でどうするのってこと、

全部きっとそう。

何なんです。

でどうするのってこと、

ヤフーによく

禿げました、絶望です。

って質問をよく見るんだけど、

禿げました

でどうするのって

事でしょ?

禿げても彼女いる人も結婚してる人もいるさ

この人の価値観では禿げたからおしまい

らしいけど、

だから

選択としては

禿げてるから、

全てを諦めるのか、

禿げてるけど何かを求めるのか、

まあ僕もこの部分は実は一歩抜けられてなくて

まあ禿げの人いっぱいいるけど、

僕と同じコンプレックスの人はあんまりいないからなー

どっちが楽かなんて、比べられないけど、

どちらにしても

でどうするの?

ってことには変わりない。

対人恐怖症になりました。

で、どうするの?

一生布団にくるまるか、

外に行くか、

二択しかないさ、

まあその考えに辿り着く前に

知っておかなきゃいけない事が山ほどあるんだけど、

でも最終的には

やっぱり二択、

一生そこにいるか、

動くか、

世界の方が、変わってから、

自分が動くのか、

それとも、

自分が、変わるから、

世界がかわるのか。